TOP
セミナー開催
社長挨拶
会社概要
コバック思考
コバック史
コバックシステム
秘密の9STEP
ネットワーク理念
皆様の疑問・質問集
成功例
店舗実績グラフ
多店舗展開
お客様の声
加盟までの流れ
店舗・工場見学
あとがき
車検大学校
ネットワーク会議

オフィシャルホームページ

 

    

代表取締役 小林憲司

 

 

私は、創業者である会長の小林正一(昭和10年生まれ)の長男として生まれました。

自動車整備工場の後継者としてたたき上げられ、

順調に経営者としての道を歩ませて頂いています。

             

昭和59年に小林モータース(現コバック)に入社し、

跡取りとして必死で仕事を覚えました。

しかし、今のやり方で今後40年間経営を続けられるかと考えた時に

答えはノーでした。

私の使命は後継者として、40年間経営を順調に安定、成長、

発展し続けなければ経営者失格となるのです。

何とかしなくてはと、休日返上、朝早くから夜遅く迄、

色々な事に挑戦し続けましたが簡単には上手くいきません。

そこで、繁盛している商売、成功している企業の実態を日夜、

調査、分析、研究し続けた結果一つの結論を出しました。

それが現在、全国で成長し続ける「車検のコバック」の実践している

指定整備事業の安定、成長、発展の法則なのです。

 

昭和61年から具体的な行動に着手し、

昭和62年に現在の「車検のコバック」の基盤となる

「車検センター新豊田」をOPEN。

3年で新規顧客は7倍に膨れ上がりました。(400台⇒2800台)

保険会社や研究会を通じて、工場見学が相次ぎ、

工場見学の対応が私の仕事の一部となりました。

見学者が毎週のように来社され、対応困難な状況でお断りすることもしばしば。

先を見据えた結果、「全国の整備工場経営者の成功を支援しよう!」と

日本で初めてのチェーン化に着手しました。

私共は現在、順調に業績を推移していますが、

最近の業界内外の急激な変化に驚いています。

私達は、お客様満足のために「単価を下げなければもっと儲かるのに」という私心を捨て、

高品質な車検整備を低価格で販売しました。

 

業界内では「安売り」「手抜き」と実態と違う評判がたちましたが、

お客様は毎年毎年増え続け、店舗も7つの指定工場を経営するに至りました。

同業者に「安売り」「手抜き」と見られても商売にはあまり影響ありませんので、

逆に目をつけられずに済むと思っていました。

しかし、最近では大手上場企業に気づかれ、私たちの手法の真似をされ始めました。

「○○車検」「イメージキャラクター」「低価格車検」「チラシ宣伝」等々です。

このままでは、多くの自整業は時間の経過と共に、

ジリ貧状態になりいずれ淘汰されてしまうのでは!と危機感を抱くようになりました。

 

今までは、目立たないようになるべくマスコミにも情報を出さずに来ました。

マスコミは、あくまでも公ですので本音の情報提供には限界があります。

そこでホームページを通じて興味を持って頂いた方には、

どんどん情報を提供しようと決意致しました。

もったいぶる訳ではありませんが、本当に車検が伸びるので一般公開できません。

伸びているかどうかは、実態調査をしてい頂ければ、全て判ります。

 

最後になりますが、どうか今日の出会いが、

貴社の将来の新しい事業展開のきっかけとなり

21世紀の整備事業をより魅力的に、感動的に

安定、成長、発展し続けて頂けることを願ってやみません。